2_115_1.pdf (337.04 kB)

“Nippon News” during World War 2 How to make Citizens Accept Another War 1940-1941

Download (337.04 kB)
presentation
posted on 22.02.2021, 05:05 by Seiji MIYAMOTO, Ariana, DEGHESELLE
2nd Research Meeting of the Japan Society for Digital Archive

History

Manuscript title

[C21] “Nippon News” during World War 2 How to make Citizens Accept Another War 1940-1941

Translated title

「日本ニュース」は何を伝えたのか 新たな戦争を受け入れる時に人々が見た「映像」 1940年-1941年

Translated description

太平洋戦争の直前から戦後にかけて映画館で上映されていたニュース映画、「日本ニュース」。1940年6月に上映が始まり、戦争が終結した1945年夏までは、戦争遂行と国家総動員のためのプロパガンダを目的に制作された国策映画である。軍官当局の検閲を受け、あるいはその指導のもとで制作されていた。現在、デジタルアーカイブ「NHK戦争証言アーカイブス」でこの間の現存するすべての「日本ニュース」を観ることができる[1]。当時、人々が接していたメディアは、ほかにラジオや新聞、雑誌などもあり、ニュース映画はその一部でしかない。しかし、唯一の動画であり、映像の持つ独自の訴求力で人々の意識に強く働きかけたはずである。ここでは、1940年6月から太平洋戦争開戦までの18ヶ月間(毎週火曜日公開、第1号から79号まで)に「日本ニュース」が何をどのように伝えたのかを見つめ、人々が新たな戦争を受け入れるにあたってどのような役割を果たしたのかを考察する。

Translated manuscript title

[C21] 「日本ニュース」は何を伝えたのか 新たな戦争を受け入れる時に人々が見た「映像」 1940年-1941年

Translated authors

宮本 聖二, アリアナ・ドゥフゼル