4_s33_1.pdf (3.87 MB)

Wikimedia Commons as a structured database of open access images: An example of legal arrangements related to image import and attempts of data maintenance by WMF

Download (3.87 MB)
presentation
posted on 18.01.2021, 23:22 by Shusaku HIGASHI
The movement to open up digital copies of artworks owned by so-called GLAM institutions such as museums and galleries has been spreading both domestically and internationally. On the other hand, the use of digital copies in Japan has not progressed so much. One of the reasons for this is the lack of the legal and technical procedures for smooth use.

In this article, I would like to introduce an example of legal standards for GLAM agencies' open access images on Wikimedia Commons, an open media file accumulation database by the community, and our efforts to build a structured database to promote their use.

History

Manuscript title

[33] Wikimedia Commons as a structured database of open access images: An example of legal arrangements related to image import and attempts of data maintenance by WMF

Translated title

オープンアクセス画像の構造化データベースとしてのウィキメディア・コモンズの活用: WMFによる画像インポートに関わる法的な整理例とデータ整備の試みの紹介

Translated description

博物館や美術館等のいわゆるGLAM 機関が所蔵する作品のデジタルコピーを公開するオープンアクセスの動きが国内外で広がりつつある一方で、国内におけるその利用は進展しているとは言い難い状況である。その理由のひとつにはスムーズに利用するための法的、技術的な手順等が分かりづらいことが挙げられる。 本稿では、コミュニティによるオープンなメディアファイルの集積データベースであるウィキメディア・コモンズにおける、GLAM 機関のオープンアクセス画像に関する法的な取り扱い基準の例と、活用推進のための構造化データベース構築の取り組みについて紹介する。

Translated manuscript title

[33] オープンアクセス画像の構造化データベースとしてのウィキメディア・コモンズの活用:WMFによる画像インポートに関わる法的な整理例とデータ整備の試みの紹介

Translated authors

東 修作

Licence

Exports