2_60_1.pdf (1.32 MB)
Download file

The current status and challenges of the natural historical collection database “Science Museum Net”

Download (1.32 MB)
presentation
posted on 22.02.2021, 05:28 by Tsuyoshi HOSOYA, Utsugi JINBO, Masanori NAKAE, Atsushi EBIHARA, Toshie MIZUNUMA
2nd Research Meeting of the Japan Society for Digital Archive

History

Manuscript title

[B11] The current status and challenges of the natural historical collection database “Science Museum Net”

Translated title

自然史標本データベース「サイエンス・ミュージアムネット」の現状と課題

Translated description

気候変動解析や保全政策などのためには、どこにどのような生物がいたかというオカレンスデータ(在データ)は重要であり、多数のデータを集積して利用するという活動が必要となる。GBIF(地球規模生物多様性情報機構)はこの目的で2001年に設立された。この活動のため、日本の機関から生物系の自然史データを収集し、国内利用のためにデータを公開しているのがサイエンス・ミュージアムネットである。S-Netは、国立科学博物館が運営する標本情報の公開サイトであり、現在80を超える日本全国の協力機関から収集された450万件の自然史標本データが公開されており、検索・ダウンロードの他、検索結果を地図に表示することができる。これらのデータは、チェックリストの作成や、分布域の予想などに利用されている。S-Netから公開されているデータの大部分は動物および植物であり、菌類のデータ数は限られている。また、データは日本全域をカバーしてはいるが、数は全国で一定ではない、などの課題も多い。

Translated manuscript title

[B11] 自然史標本データベース「サイエンス・ミュージアムネット」の現状と課題

Translated authors

細矢 剛, 神保 宇嗣, 中江 雅典, 海老原 淳, 水沼 登志恵