Sakamoto,_J-STAGE Data_5-s2-s191.pdf (3.47 MB)
Download file

Soundscape Digital Archive for Content Creators: An example of “Komaki Kodomo Miraikan”

Download (3.47 MB)
presentation
posted on 25.03.2022, 05:37 by Sumire Sakamoto, Wasuke Hiiragi
Since background music is an element of content that is acquired through the sense of hearing, we feel uncomfortable in situations where we do not hear sound continuously from the visible scenery. As background music is an element of content acquired from the sense of hearing, people feel uncomfortable in situations where they cannot hear sound continuously from the visible scenery. The author has been involved in a project to create permanent projection contents for Komaki Children's Miraikan in Komaki City, Aichi Prefecture since his third year as an undergraduate, and has been planning and producing video contents with background music. By using soundscapes, the author believes that it is possible to enhance the reality and realism of the contents at a low cost since the sound is collected from the actual world.
In this presentation, I will explain the metadata and search method of the actual recorded soundscape data, and propose a digital archive for content creators under construction.

History

Translated title

コンテンツ制作者のためのサウンドスケープアーカイブ

Translated description

現在、BGM付与されたコンテンツの数はとても多い。BGMは聴覚から取得するコンテンツの要素であるため、見える景色から継続的に音が聞こえない状況に違和感を覚える。また、人間は風景と違うニュアンスの音が流れることに対して違和感を覚える。筆者は愛知県小牧市の「こまきこども未来館」常設プロジェクションコンテンツの作成プロジェクトに学部3年時より関わっており、BGMのある映像コンテンツの企画制作を行なっている。BGMの選定・制作には大きなコストがかかるほか、失敗することも多い。BGMにサウンドスケープを利用することで、実際の世界の音から収音しているため低コストでコンテンツのリアリティや臨場感を高めることが可能になると筆者は考えている。 本発表では、実際に録音したサウンドスケープデータのメタデータと検索方法について解説を行い、構築中のコンテンツ制作者のためのデジタルアーカイブについて提案を行う。

Translated manuscript title

[44] コンテンツ制作者のためのサウンドスケープアーカイブ ~こまきこども未来館を例に~

Translated authors

坂本 菫, 柊 和佑