3_203_1.pdf (1.56 MB)
Download file

Research of collecting lexicon for communication toward Regional comprehensive support service

Download (1.56 MB)
presentation
posted on 22.02.2021, 15:09 by Toyoyuki ISHIBASHI, Wasuke HIIRAGI, Masahiko MIKAWA, Tomoharu ANDOH
3rd Research Meeting of the Japan Society for Digital Archive

History

Manuscript title

[B33] Research of collecting lexicon for communication toward Regional comprehensive support service

Translated title

地域包括的支援サービスを志向した意思伝達のための語彙収集に関する研究

Translated description

本研究は、これまで市民の持っている情報を幅広く引き出す支援を行い、地域が使いやすい語彙とともにその意味を蓄積するシステムの構築を目指し、これまで複数回稚内市において実験をおこなってきた。現状ではオーラルヒストリー的手法を用いて情報を収集しているため、実験対象者から聞き取る情報に関しては原則、その人にとって過去のものとなる。そのため、重要な同定情報であるはずの地名が、すでに使われていない過去の名称で語られることが多い。この問題の解決のため、デジタル情報資源同士を、過去を含めた地名で結びつかせるための地域資源メタデータスキーマの構築を進めている。現在は、地名を行政上のものと地域住民内で共有されている愛称に分け、その出現年代を推定するために稚内市で調査を進めている。本発表では、本研究の考える地域包括的支援サービスの概要と、地名の変遷の調査・記録・組織化のための手法に関して解説する。

Translated manuscript title

[B33] 地域包括的支援サービスを志向した意思伝達のための語彙収集に関する研究

Translated authors

石橋 豊之, 柊 和佑, 三河 正彦, 安藤 友晴