ARAKAWA_J-STAGE Data_6-s2-s56.pdf (982.84 kB)
Download file

Disaster Archive: Build it Together, Spend it Together : Collection, utilization and operation of materials

Download (982.84 kB)
presentation
posted on 2023-01-06, 00:22 authored by Hiroshi Arakawa, Maki Koyama, Mieko Ito, Yuko Hiraoka, Kanji Nakamura, Akihiro Shibayama, Toru Inoue, Kumiko Chiba

Disaster Archive is expected in data collection and utilization, and it's continuous operation is an important issue to be addressed.

 In reality, there are some difficulties on utilization and operation of materials.

Then, we writed and published booklet about collection, utilization and operation of disaster archive. The contents of the booklet is predicated on our experience, including workshop holding, panel exhibition and lecture in schools.

We report about the contents of the booklet, and it's expected effects.

History

Corresponding author email address

bousaiara@cy.tnc.ne.jp

Translated title

みんなでつくる みんなでつかう 災害アーカイブ:資料の収集・活用・運用

Translated description

災害アーカイブは、データの蓄積と活用が期待される機能・役割であり、それを実現するための継続的な運用が重要となる。しかしながら、データの蓄積についてはできていても、活用が難しかったり、サービスの継続が難しいなどの課題がある。そこで著者らは、どうすればデータの蓄積、活用、運用を継続的に実施できるか、に着目した実践研究を続けてきている。これまで、データの蓄積と活用として、地域の防災ワークショップを活用したデータ収集と活用のあり方について提案を行ってきたが、今回は、データの収集・蓄積から、ワークショップやパネル展、学校での活用までの事例を紹介した冊子の作成と、その冊子に期待される効果について報告する。

Translated manuscript title

[13] みんなでつくる みんなでつかう 災害アーカイブ:資料の収集・活用・運用

Translated authors

荒川 宏, 小山 真紀, 伊藤 三枝子, 平岡 祐子, 中村 貫志, 柴山 明寛, 井上 透, 千葉 久美子

Copyright

© 2022 The Author(s).