3_155_1.pdf (2.27 MB)
Download file

Development of Content Search System of “Kunshujo” with IIIF and Open Data

Download (2.27 MB)
presentation
posted on 22.02.2021, 23:32 by Satoru NAKAMURA
3rd Research Meeting of the Japan Society for Digital Archive

History

Manuscript title

[B12] Development of Content Search System of “Kunshujo” with IIIF and Open Data

Translated title

IIIFとオープンデータを用いた『捃拾帖』内容検索システムの開発

Translated description

本研究では、『捃拾帖』の内容検索を可能とするシステムの開発事例について述べる。『捃拾帖』とは、明治時代の博物学者である田中芳男が収集した、幕末から大正時代にかけてのパンフレットや商品ラベルなどを貼り込んだ膨大なスクラップブックである。東京大学総合図書館はこれらの画像を冊単位で公開しているが、貼り込まれた資料単位での検索が望まれていた。この課題に対して、本研究ではIIIFのアノテーション機能を利用し、各頁の貼り込み資料単位で画像を切り出し、検索可能なシステムを開発した。また、東京大学史料編纂所の「摺物データベース」が提供する、貼り込み資料単位のメタデータと組み合わせることで、内容情報に基づく検索を可能としている。本研究はその他、複数の機関が提供する各種リソース(IIIF・オープンデータ)を組み合わせて利用している点に特徴があり、デジタルアーカイブの利活用を検討する上での一事例として機能することを期待する。

Translated manuscript title

[B12] IIIFとオープンデータを用いた『捃拾帖』内容検索システムの開発

Translated authors

中村 覚