Ezoe_J-STAGE Data_6-1-2i.pdf (3.58 MB)
Download file

Data acquisition for archiving in the 3D digital era.

Download (3.58 MB)
presentation
posted on 18.03.2022, 02:02 authored by Makoto EZOE
We can now easily generate 3D models using digital cameras, thanks to recent advances and widespread use of photogrammetric techniques. Although photography for generating 3D data does not require any special skills or tools, it does require knowledge of photography for 3D rendering, such as the use of single focal length lenses, lighting for shadows on uneven surfaces, and adjustment of white balance. In the future, it is necessary to collect photographic data assuming that everyone will be able to handle 3D data, and it is essential for the development of digital archives to cultivate human resources with knowledge and awareness of 3D rendering.

History

Translated title

3次元デジタルアーカイブ時代に向けたデータ収集

Translated description

近年の写真測量の技術の進歩と普及により、デジタルカメラを使用した3次元モデルの作成を簡便に行うことが可能になってきた。3次元データを生成するための写真撮影は特別な技術や道具は必要ないものの、単焦点レンズの使用や凹凸面の陰影に対する照明、ホワイトバランスの調整などといった3次元化に合わせた撮影に関する知識は必要である。今後は誰もが3次元データを取り扱える時代となることを想定した写真データの収集が必要であり、3次元化に対する知識と意識を持った人材の育成がデジタルアーカイブの発展のためには不可欠である。

Translated manuscript title

[講演 3-2] 3次元デジタルアーカイブ時代に向けたデータ収集

Translated authors

江添 誠