Futaesaku_J-STAGE Data_5-s2-s130.pdf (1.52 MB)
Download file

Changes and Futures of Tourism in Japan in Online Events: Comparison between field events and online events of Japanese Anime and Tokusatsu films

Download (1.52 MB)
presentation
posted on 25.03.2022, 05:22 by Masamitsu Futaesaku
The global spread of COVID-19 since 2020 has had a profound impact on the tourism industry in many countries. As a result of restrictions on the "movement" of people, which is the substrate of tourism, and the encouragement of "stay-home" tourism, events that do not involve movement have taken root. In other words, "online events," which allow people to simulate the experience of tourism through their own PCs, smartphones, and other electronic devices, have rapidly become a new way of holding events in Japan. This tourism phenomenon is a new form of tourism that is growing, and we thought that the social and academic significance of our research lies in archiving the changes in tourism through the introduction of websites and virtual spaces so that we can respond to the after-corona era. In this study, we focused on online events using animation and special effects, for which there is still a lack of research examples, and documented and organized the advantages and disadvantages by comparing them with existing face-to-face events.

History

Translated title

オンライン開催における我が国の観光の変化と将来性:日本のアニメ・特撮作品の現地イベントとオンラインイベントとの比較から

Translated description

2020年以降のCOVID-19の世界的な感染拡大は、各国の観光産業にも多大な影響を及ぼした。観光において基板となる人の「移動」が制限された上、在宅を促す「ステイホーム」が推奨された結果、移動を伴わないイベントが定着するようになった。つまり、個人が所有するPCやスマートフォン等の電子機器を介して、観光を疑似体験する「オンラインイベント」が、新たな催事の開催様式として急速に我が国に浸透するようになった。当観光現象は成長を遂げつつある新たな観光の一形態であり、Webサイトやバーチャル空間の導入によって変化を遂げる観光の姿を、アフターコロナ時代にも対応できるようにアーカイブ化していくことに研究の社会的・学術的意義があると考えた。そこで本研究では、未だ研究事例の不足しているアニメ・特撮作品を活用したオンラインイベントに焦点を当て、既存の対面型イベントとの比較による利点と欠点について、実態調査による記録と整理を行なった。

Translated manuscript title

[13] オンライン開催における我が国の観光の変化と将来性:日本のアニメ・特撮作品の現地イベントとオンラインイベントとの比較から

Translated authors

二重作 昌満