2_64_1.pdf (289.07 kB)

Building a Rich Digital Archive of Edo-Period Kabuki

Download (289.07 kB)
presentation
posted on 22.02.2021, 05:28 by Ryo KIMURA
2nd Research Meeting of the Japan Society for Digital Archive

History

Manuscript title

[B12] Building a Rich Digital Archive of Edo-Period Kabuki

Translated title

江戸時代の歌舞伎興行に関する資料デジタルアーカイブの充実を目指して

Translated description

演劇に関連する資料を所蔵している代表的な博物館として早稲田大学坪内博士記念演劇博物館が知られている。江戸時代の歌舞伎についてみれば、錦絵、台本、芝居番付をはじめとする所蔵資料のデジタルアーカイブは充実をみせている。特に、三都(江戸・京都・大坂)で開催された芝居興行関連資料は豊富である。したがって、三都の歌舞伎研究はより取り組み易い状況となっている。一方、歌舞伎役者の地方興行研究に目を移せば、各地域にはそれぞれ独自性があり、それを捉えることが重要である。ところが、芝居番付や台本、木戸銭覚などの興行関係資料は多く所蔵されているにも関わらず、デジタルアーカイブという点において進展をみせていない。本報告では、演劇博物館のデジタル・アーカイブコレクションとコミュニティ(地域)アーカイブコレクションの結びつきが歌舞伎役者の地方興行研究へ及ぼす有効性について検討する。

Translated manuscript title

[B12] 江戸時代の歌舞伎興行に関する資料デジタルアーカイブの充実を目指して

Translated authors

木村 涼