3_191_1.pdf (2.89 MB)

Area-Based Learning Model “Tateshina-gaku Archive” Using Smartphone and Archiving Service

Download (2.89 MB)
presentation
posted on 22.02.2021, 15:18 by Michihiro MAEKAWA
3rd Research Meeting of the Japan Society for Digital Archive

History

Manuscript title

[B25] Area-Based Learning Model “Tateshina-gaku Archive” Using Smartphone and Archiving Service

Translated title

スマホ・アーカイブサービスを適用した地域学習モデル「蓼科学アーカイブ」

Translated description

長野県蓼科高校の「蓼科学」は、生徒が地元立科町を学ぶ地域科目である。学習メディア環境にはスマホとアーカイブサービスを適用した。アクセス側の主体性において成立する自己開発/学習機能の実現にその主眼を置いている。「蓼科学アーカイブ」は、生徒たちの地域探検(取材)をアーカイブサイトに載せ合う形で地域理解を深める学習プログラムである。生徒がスマホを使って地域を記録し、皆で地域アーカイブを構築できる学習メディア環境「信州デジタルコモンズ試作版」を構築した。当該の取り組みでは生徒がスマホを活用することで、地域探求課題を自分事として取り組む面白さが向上し、学習意欲の向上につながった。学習成果は毎年蓄積されるため、年度を超えた学習アーカイブが容易に構築できる。地元(長野県立科町)の地域アーカイブを地元住民に公開して学習成果(地域の記録)を地域に還元することができる。

Translated manuscript title

[B25] スマホ・アーカイブサービスを適用した地域学習モデル「蓼科学アーカイブ」

Translated authors

前川 道博