4_s53_1.pdf (1.92 MB)
Download file

An attempt to create 3D digital archives of statues in the overseas museum: A case study of efforts in the museum of Ostia Antica, Italy.

Download (1.92 MB)
presentation
posted on 18.01.2021, 09:27 by Makoto EZOE, Koji TOYOTA
Without the opportunity to see the statues at overseas museum in person, it is difficult to observe them as three-dimensional objects. However, if it is possible to create 3D data from a statue, it will be able to make the same kind of observation as the actual statue without going to the museum.

In this presentation, we introduced the process of creating a three-dimensional digital model of the statues on display at the Museum of Ostia Antica as an actual case, and examined the usefulness of the three-dimensional digital model as research data and display materials. In addition, we discussed the problems of the platform for archiving and using the digital models by comparing them with overseas cases.

History

Manuscript title

[43] An attempt to create 3D digital archives of statues in the overseas museum

Translated title

海外博物館彫像資料の3次元デジタルアーカイブ化の試み: イタリア共和国オスティア・アンティカ遺跡博物館での取り組みを事例として

Translated description

海外の博物館に展示されている彫像は、現地で見る機会を得られない限りは、それらを立体物として確認することは難しい。しかし、もし彫像を3次元データ化することができれば、現地に行かずに、実物を見るのと同様の観察ができるようになる。 本発表では、オスティア・アンティカ遺跡博物館で取り組んできた展示彫像群の3次元デジタルモデルの生成作業を実例として紹介し、研究データや展示資料としての3次元デジタルモデルの有用性を検討した。また、それらをアーカイブ化して活用する際のプラットフォームの問題などについて、海外の事例と比較しつつ考察した。

Translated manuscript title

[43] 海外博物館彫像資料の3次元デジタルアーカイブ化の試み:イタリア共和国オスティア・アンティカ遺跡博物館での取り組みを事例として

Translated authors

江添 誠, 豊田 浩志