Hashizume_J-STAGE Data_5-s2-s153.pdf (2.12 MB)
Download file

A new digital archiving practice based on a survey of photo archives of daily life in Shiga Prefecture: Digital archiving methods and the construction of relationships between copyright/portrait consent

Download (2.12 MB)
presentation
posted on 25.03.2022, 05:28 authored by Tomoki Hashizume
Recording and preserving photographs of festivals, religious beliefs, daily food, clothing, shelter, and all other aspects of daily life in a particular region is a way of accumulating visualized data (an archive) about the lives of the people there. There are many people who have been taking such photographs in private, but they are rarely seen in the public eye. In addition, their photographs are taken in a more simple style and are closer to people's daily lives than general governmental record photographs, photographs that are more like art works in themselves, and group photographs for special occasions. This is why I think it is important to separate them from other issues.
Therefore, in this report, I named them "Life Photography", and after investigating the current status of their use and preservation methods in a specific region (prefecture), I attempted to create a new archival practice to deal with these problems.

History

Translated title

滋賀県内の生活写真アーカイブの調査に基づく 新たなデジタルアーカイブ実践について: 地方の一小規模デジタルアーカイブの制作に関するデータ化手法と、 著作権/肖像権的同意関係の構築の現況報告

Translated description

祭りや信仰、日々の衣食住など、生活の中で繰り広げられる森羅万象について、ある地域ごとにまとめて写真で記録し、保存しておくことは、そこでの人々の生活についての可視化されたデータの集積(アーカイブ)となる。こうした写真を人知れず撮影し続けている人は少なくないが、日の目を見ることが少ないのが現状である。また、彼ら/彼女らの写真は、一般的な行政等の記録写真や、それ一点で作品となるようなアート寄りの写真、そしてハレの日の集合写真などに対して、写真の一枚一枚がより素朴に撮影され、かつ人々の生活に近づいていることから、肖像権といった形での問題が立ち現れることが多く、他とは切り分けて考えるべきだと考える。 そこで、本論ではそれらを「生活写真」と名付け、その利用の現状や保存手法などを特定地域(県)に限定して調査したうえで、こうした問題に対応した、新たなアーカイブ実践を試みたものである。

Translated manuscript title

[24] 滋賀県内の生活写真アーカイブの調査に基づく新たなデジタルアーカイブ実践について:地方の一小規模デジタルアーカイブの制作に関するデータ化手法と、著作権/肖像権的同意関係の構築の現況報告

Translated authors

橋詰 知輝